ここから本文です。

更新日:平成29年7月5日

* オープン・ラボでミカンハダニの薬剤感受性検定を実施 *

 ミカンハダニは薬剤感受性が低下しやすいことから、防除指導にあたり、殺ダニ剤の有効性を定期的にチェックする必要があります。

 当研究センターのオープン・ラボを利用し、JAの指導員が薬剤感受性検定試験を実施しました。

 今回試験を実施したJAでは、この試験結果をもとに秋季の指導方針を決定する予定です。

オープン・ラボでの作業の様子
オープン・ラボでの様子