ここから本文です。

更新日:平成29年6月5日

* 4月のカイガラムシ防除の有効性を評価しています *

 カンキツに寄生するヤノネカイガラムシは幼虫発生期にあたる6月と8月が殺虫剤の散布適期で、4月散布の効果は期待できないとされてきました。

 ところが、県外の落葉果樹産地で、4月にIGR系殺虫剤にマシン油を混用して散布するとカイガラムシ類の防除効果が高まる事例が確認されています。

 県内で増加傾向にあるヤノネカイガラムシに対する効果は未確認のため、4月に殺虫剤とマシン油の混用散布を行い、有効性を評価しています。

薬剤散布時のヤノネカイガラ雌成虫
カイガラムシ防除